檻之
汰鷲
ORINOTAWASHI

インディペンデントハウス

Project

コメントはまだありません


Share this post

studio1_465ザンビアで、電気ガス水道のないアーティストインレジデンス、ムナンディアートスタジオに滞在した。食べ物や物資が不足する環境で、1枚の絵よりもひとつのトマトの方が価値がある日々のなかで、何を表現できるのか。

IMG_3453_465
home465滞在した村には、泥で家を建てている人たちがいた。絵を描くことと生きることが、同じ地平にあるなら、この泥の家を建てることもアートだ。そう考え、レジデンスのホストに相談すると快諾してくれ、プロジェクトはチョンゴエにあるムナンディアートビレッジで実行された。

inde4_465
inde3465

土に水を混ぜ、
泥をつくり円筒状に
積み重ねて壁をつくる。
inde41_465
inde21_465

森から木を伐採して
まさに適所適材に配置していく
木の皮がロープになる
inde1300
inde5_465

inde465

ザンビアの生きる達人が言った。
「ネバーギブアップ。
諦めなければ、諦めた奴のウサギも手に入る。
ネバーギブアップは自分のためじゃない。
その姿勢を仲間に伝えるためなんだ。」

Dec.2013 | Chongwe Zambia

価値とは何か

Project

コメントはまだありません


Share this post

B1

イタリアのアスコリ・ピチェーノに滞在して、
町の本屋でアート展を開催した。

IMG_2495_300
どうやったら、
ぼくら夫婦を知らない場所で
作品を「欲しい」という声を手に入れられるのか。
「作品をお金以外のモノと交換します」
貼り紙とオファーを入れる箱を設置して展示した。

IMG_2838
作品は
シッビリーニ山脈へのハイキング
週末家族とのランチ
祖母の刺繍
彫刻のレッスン
母の手料理と庭で獲れた野菜
と交換された。

B55
B59_300
お金を使わなかったせいで、
コミュニケーションの必要が生じた。
言葉を交わし一緒に時間を過ごした。
結果、
出会いが生れ友達がたくさんできた。

B60
B61
B53
小さな町アスコリピチェーノと出会った。

Aug.2013 | Ascoli Piceno, Italy

サバイバル・アート

Project

コメントはまだありません


Share this post

IMG_1652
NAU2

海外でアート制作をする冒険の始まり。
バルセロナに滞在して、
作品をつくるための材料、雑誌を探した。

sign_300

駅前に看板を設置して
「雑誌ください」と呼びかけてみた。

IMG_1005_300
monhan_300

モンスターハンターのカードを手に入れた。

street of god_300

つくられたものと自然との間で、
ぼくらは生きている。

すべての商品は
誰かが作ったサービスやモノ。
必要なものがなければ作ればいい。

A20_300
そこにある環境と材料と道具で、
作品をつくり日々の糧を得ること。

June.2013 | Barcelona Spain